白地図に墨汁を垂らすブログ

某木村氏にクソミソに言われてそうなSIerで、某木村氏にクソミソに言われてそうなユーザ企業のお守りをしているぐうたらSEが、気の赴くままに書くブログ。無責任な愚痴多め。

自宅を簡易スマートホーム化してみた感想・考察

はじめに

↓の記事の通り賃貸物件ですがGoogle home等を使用して簡易スマートホーム化。

各家電を音声orスマフォ操作出来るようにして1週間した感想と考察。

 

 

whitemap.hatenablog.com

 

感想

スマートホーム化する前と比べると良かったことしかないのだが、期待ほどでも無かったこともありました

 

Good!

  • リモコンからの解放
    これが一番大きい。
    リモコンの物理的な位置を気にする必要がないので、『リモコンを探す』『リモコンの場所まで行く』という行為が不要になります。「あれ、リモコンどこいった……?」が無くなるのは地味ながら結構嬉しいです。
    また、音声操作であれば両手が空くので、ながら操作が可能になります。料理をしながら照明をつけたり、タイピングしながらBGM変わりのテレビ番組切り替えたり

  • 定型的な操作のグルーピング
    例えば朝の外出時、テレビと照明とエアコンの電源を落とす、という一連の作業をワンアクションで実行出来ます。消し忘れとかあっちいったりこっちいったりが無くなるので、地味ながら結構便利

  • 外出先からの操作
    google homeと連携=google assistantと連携なので、スマフォからどこでも家電が操作出来ます。エアコンや風呂入れが外から出来るのは特に今の時期はありがたい

Bad……

  • 地味に費用がかかる
    構築には最低でも1~2万円かかります(特に賃貸だとswitch botの費用がかさんだりします)。これを高いとみるか安いともみるか。私は安いとは思っています。ですが、goodの項の通り、所詮既存家電の操作なので、超便利! ひゅーかっこいい!! みたいなことはありません。ルンバや食洗機のように何かの家事を代替してくれるわけでもありません
    こういうのを組むのが楽しい、とか趣味的要素ではなく、純粋に家の中を便利にしたい人には高いのかも

  • 新しい操作の追加が面倒
    これは今回の構成、というかIFTTTの仕様なのですが、操作を追加するのがGUIでポチポチやる分めんどくさいです。
    またある程度Google homeの癖(規定ワードと被らないようにとか音声認識の癖とか)を意識して操作を設定する必要があるので、単純にはいかないこともあります

  • (家電操作だけでは)インタラクティブ性が低い
    ちょっと抽象的ですが『スマートホーム』というからにはもっと対話的に複雑なことをしたい欲にかられます。例えばgoogle homeで何かを検索したら、候補をテレビに映し出して、そこから開くサイトを選べるとか。理想はPSYCHO-PASSのキャンディなのですが……ww

 

考察

上記を踏まえてスマートホームとしての成熟度を上げるのに必要が2つあると思いました。

  1. いいからとにかくセンサーだ!
    まさにIotというか自宅内を色々センシングすれば、家電は今のままでももっと色んなことができそうです。最終的には無意識に機械がやってくれるのが理想ですよね
     ・照明の自動点灯/消灯
     ・コンロ付けたら自動換気
     ・物干し竿に洗濯物ぶら下がってたら一定時間で自動リマインド
     
  2. アウトプットのバリエーション
    これはもうgoogle homeの機能追加を待つばかり。やっぱり人間、視覚が一番情報量多いので、テレビやスマートフォン等、画面を持つデバイスとの連携強化して欲しい

結論

今実現出来ている範囲では、びっくりするほど便利!というところまでは来ていませんが、一回初めてしまうともう元には戻れない、そんなジワジワくる便利さが得られます。