白地図に墨汁を垂らすブログ

某木村氏にクソミソに言われてそうなSIerで、某木村氏にクソミソに言われてそうなユーザ企業のお守りをしているぐうたらSEが、気の赴くままに書くブログ。無責任な愚痴多め。

ブロックチェーンて何の弾丸?

別に技術の解説とか真面目な考察ではないです。

 

最近、盛り上がっているのが「ブロックチェーン」ですね。

読売新聞の記事になり一段と広まってきた感があります。

 

www.yomiuri.co.jp

 

 

私の会社でもビジネス利用での取り組みに関与をしている部署もあるようで、いよいよ本格化の兆しが見えています。

私も金融系担当なので、近い将来は他人事では無くなって来ると思い、遅ればせながら少し勉強をしているところです

 

でも個人的にはブロックチェーンて少なくとも今見えている範囲においては、そんなに便利なものにはならないと思うんです。

だって、既存技術に対するブロックチェーンの優位性って『中央管理が不要なこと』なので。

上の記事のように既存の仕組みの置き換えによるコストメリットがよく言われていますけど、本当にそうなの?って感じで見てます。銀行間決済については、当然プライベートなブロックチェーンになると思うので、全銀システムがブロックチェーンで出来た名前の違う何かに置き換わるだけなんじゃないか、って感覚です。

なので、決済手数料が安くなるのも、技術によって真にコストが削減されているというより、時代の潮流に乗るためのビジネス上の意図として安くする戦略なんじゃないかと思っています。

(まあ、それがブロックチェーンのお陰だろうが関係なかろうが、今の金融系レガシーシステムをぶっ壊して再構築できるなら、色んな効率は上がると思うので、是非やって欲しいのですが……)

 

まあ銀行間決済はまだマシで、それって別にブロックチェーンじゃなくてもいいじゃん、て実証実験が一杯あります。

www.infoteria.com

 

toyokeizai.net

 

どれもこの取組で便利になるのは間違いないですが、

ブロックチェーンでないと解決出来ない課題かと言われると全然そんなことはなく、

既存技術で十分実現可能です。

先進性アピールの道具になっている感じで、イノベーションとは程遠いです。

信念無きブロックチェーンとでも言いましょうか。

 

 

ちょっとここまでブロックチェーンに否定的でただのアンチにしか見えませんが、私も可能性を感じているものの1人で、ブロックチェーンが有用な技術であることは間違いないと思っています。

 

ただ今の流れよりも、その特徴を活かせるのは、やはり企業間よりも個人間・小組織間の何かしらのやり取り(=企業と違って今はそのインフラを持っていない所)なんじゃないかなー、と思っている次第です。

取引の場面に今まで一番参加できていなかったのが、そういう立場の人たちなわけですから。

 

何が言いたいかって言うと、仮想通貨/暗号通貨としての形って最強に優れていますね!

ってことです(ブロックチェーン技術の成り立ちを考えれば当たり前ですが。。

 

 (追記)

書いてて思ったけど、自分にはビジネス脳が足りないですね。。